製品紹介
ゲーミング検証
かんたん設定
ASUS無線LAN製品の魅力
ASUS Wi-Fiルーターが選ばれる理由
受賞記録・メディア掲載
オフィスを高速無線化
訪問設定サービス
Wifiを楽しもう
取扱店舗
Asus Router アプリ
キャンペーン
ASUS Wi-Fiルーターのすすめ
Wi-Fiルーターを選ぶときにまず目に飛び込んでくるのは「最大〇〇Mbps!」や「IEEE802.11ac/n/a/g/b対応!」といった同じような数字や単語ばかりが記載された製品が並び、自分がどのWi-Fiルーターを選べばいいのか非常に分かりづらいですよね。
また、設定が難しいのではないか?他社の製品と何がちがうの?といった疑問をお持ちになるかと思います。
今回は、そんなWi-Fiルーターに関する疑問をわかりやすく答えていきます。
  • なぜASUSのWi-Fiルーターは速いの?Open or Close

    Wi-Fiルーターの実力は、記載された数字だけでは判断ができないことが分かりましたが、なぜこのように差が出るのでしょうか?では、検証に使ったASUSハイエンドWi-Fiルーター「RT-AC88U」を例に、その圧倒的な速度をサポートする様々な機能を紹介しましょう。

    NitroQAM(1024QAM)搭載!ん?QAMってなに?

    QAMというのは簡単に言えば、電波が一度に情報を運べる量を表したものです。
    この数値が高いほど、通信速度が上がっていきます。

    RT-AC88Uは、大幅な帯域を持つNitroQAM(1024QAM)に対応しており、有線LANのGigabit Ethernetをも超える最大2,167Mbpsという超高速な通信速度を実現しています。これにより、Wi-Fiに接続しながらも速度が必要とされるゲーム機やスマートフォンでも高速化ができるわけです。

    完全同時通信可能なMU-MIMO(Multi User MIMO)技術に対応!

    自宅ではノートPCもタブレットもスマートフォンも同時につながっているから、同時通信はすでにできている。そう思っていませんか?

    実はMU-MIMO「マルチユーザーMIMO」技術に対応していないWi-Fiルーターは、各機器との通信を高速に切り替えることで、あたかも同時に通信できているように見せていますが、実際には1度に1台の機器としか通信をすることができませんでした。
    そのため、無線の空きを待つ必要があり、通信速度の低下につながっていました。

    MU-MIMO搭載のASUSのWi-Fiルーターであれば、MU-MIMO対応のスマートフォンやタブレットとの完全な複数同時接続が可能となり、待ち時間の大幅な短縮ができ、通信速度の低下が少なくなります。

  • 早くでも、遠くまで届かなかったら意味がない!Open or Close

    ASUSのWi-Fiルーターの通信速度が優秀なことと、その理由はわかりました。 しかし、どれだけ通信速度が速くても、そのWi-Fiがカバーできる範囲が狭かったら意味がないですよね。 ではASUSのWi-Fiルーターがカバーできる範囲はどれぐらい広いのでしょうか?

    実際に計測!ASUSのWi-Fiルーターのカバー範囲!

    Wi-Fiがカバーできるエリアの検証は、ASUSのWi-Fiルーターで最も人気の高い「RT-AC68U」と他社製ハイエンドルーターを使用しました。
    検証では洋室3の入り口にRT-AC68Uと他社製ハイエンドルーターを設置。各部屋にノートパソコンを設置し、5GHzで速度計測を行いました。

    測定の結果、他社製ハイエンドWi-Fiルーターの通信速度が、距離や部屋間の壁によって低下している割合に比べ、RT-AC68Uは距離が離れた際にも安定した通信速度を計測することができました。
    これなら、洋室で仕事をするお父さんも、キッチンでレシピを見ているお母さんも、リビングでゲームをしているお子様も、ASUSのWi-Fiルーター1台でカバーができます。

    なぜ離れていても届くの?それはAiRadar搭載だからです!

    ASUSのWi-FiルーターにはAiRadarという機能が搭載されています。 AiRadarは接続機器の位置を検出した上で、接続した機器に向けて集中的に電波を発射。一般のWi-Fiルーターでは届きにくい環境であってもASUSのWi-Fiルーターであれば快適に通信が行える理由はこの機能が搭載されているからです。

    ※AiRadar対応機種に関しては製品紹介ページでご確認ください。

  • 安心も提供!インストール不要のWi-Fiルーター搭載型セキュリティ機能「AiProtection」Open or Close
    自宅のネットワークを外部の攻撃から1日1.5回以上ブロック

    インターネットに接続する機器への攻撃は年々増してきています。
    以下のトレンドマイクロ株式会社のレポートにも記載されている通り、
    ランサムウェアと呼ばれる、感染すると端末や端末内のファイルを人質に取り、解放の対価に「身代金(ランサム)を要求」するウイルスの被害が国内・国外で継続拡大しています。
    この脅威も守ってくれるのが「AiProtection」です。

    増長する「ランサムウェアビジネス」、2016年の脅威動向を分析
    [出典:トレンドマイクロ社(http://blog.trendmicro.co.jp/archives/14526)より]

    トレンドマイクロでは、2016年における国内外の脅威動向について分析を行いました。2016年を通じ、身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)はサイバー犯罪者にとっての「ビジネス」として完全に定着しました。多くのサイバー犯罪者が「金のなる木」であるランサムウェアを使用した攻撃に参入し、全世界的にメール経由でのばらまき型攻撃が拡大しました。

    この世界的なサイバー犯罪者の「ランサムウェアビジネス」への参入を示すデータとして、新らたに登場したランサムウェアファミリーの増加があります。2016年1年間で確認された新たなランサムウェアファミリーは、2015年比で 752%の増加と、まさに急増しています。

    日本でのランサムウェア被害は、検出台数の面からも被害報告件数の面からも過去最悪の状況となり、2016年はまさに日本における「サイバー脅迫元年」となりました。しかし、ランサムウェアを拡散するマルウェアスパムのアウトブレイクのうち 96%は英語メールであり、この国内における過去最悪の被害状況は全世界的なばらまき型攻撃の流入によりもたらされたものと言えます。つまり、まだこれから特に日本を狙った攻撃が発生する余地を残しているものと言え、2017年にはさらなるランサムウェア被害の拡大が懸念されます。

    ランサムウェア以外の脅威として、業務メールの盗み見を発端とするなりすましメールによる送金詐欺である「ビジネスメール詐欺(BEC)」が新たに注目されています。トレンドマイクロでは 2016年中に、92カ国の企業に対して BEC関連のなりすましメールが送られていたことを確認しており、既に日本の企業でも事例を確認しています。BECは、猛威を振るっているランサムウェアと比べても1事例あたりの被害金額が高額であり、2017年にはさらに攻撃が拡大することが予想されます。

    2016年にも多くの脆弱性が明らかになっていますが、2016年にはトレンドマイクロだけで SCADA関連の脆弱性を 177件確認しています。これは今後予想される「スマート工場」などの IIoTシステムの普及の流れに対し、脆弱性のリスクが高まっていることを示しています。2016年には既に IoTデバイスの脆弱性を狙う「MIRAI」のような事例が発生していることからも、2017年には実際の攻撃発生が危惧されます。

    2016年に確認された様々な脅威動向について、より深く知るためには、以下のレポートをご一読ください。

    ・詳細レポートはこちら:
    2016年年間セキュリティラウンドアップ:『増長する「ランサムウェアビジネス」が法人にもたらす深刻な被害』


    TRENDMICROは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。

    PCやスマートフォンだけではない。守らなくてはいけない機器!

    狙われているのはPCやスマートフォンだけではありません。
    携帯ゲーム機やテレビ、電子レンジまでインターネットに接続するありとあらゆる機器が攻撃の対象となります。
    セキュリティソフトのインストールが困難な機器まで対策できるのがWi-Fiルーター搭載型の強みです。

    外部からの不正アクセスもきっちりガード!

    過去、海外でPCに接続されたwebカメラが不正アクセスをうけ、盗撮の被害にあうという事件がおきました。
    Webカメラだけでなく、ペットやお子様の様子を見るためのネットワークカメラなども不正アクセスをされてしまうと、プライバシーを除かれてしまう危険性があります。 このようにインターネットに接続された機器は、データだけでなくプライバシーまで盗まれてしまう危険性を持っています。
    ASUSのWi-Fiルーターに搭載されている「AiProtection」には「IPS:侵入防止システム(Intrusion Prevention System)」が組み込まれており、外部からの疑わしい通信や脆弱性を悪用する攻撃があった場合は即座に通信を遮断し、自宅のネットワーク内の機器やデータだけでなくプライバシーも守ります。

    さらに安心ペアレンタルコントロール

    「AiProtection」が守るのは外部からの攻撃だけではありません。
    インターネット上には、成人向けサイトのようなお子様に悪影響を与える可能性のあるサイトが多数あります。
    ペアレンタルコントロールには有害なサイトやアプリへの接続を制限するフィルター機能があります。
    接続された端末を選択し、ボックスにチェックを入れるだけで、アダルトコンテンツや違法/暴力関連のサイト、ソーシャルネットワーキングへのアクセス制限等を簡単に行うことができます。


            ▼お子様を守るペアレンタルコントロール

    インターネットの利用環境を整える。タイムスケジュール機能

    ペアレンタルコントロールは、インターネットへの接続を特定の時間のみに制限するスケジュール機能も搭載しています。 例えば、平日は20時までのインターネット接続を許可し、週末は、22時までの接続を許可するといった環境やライフスタイルに合わせた設定が可能です。

    もちろんこれらの機能は、端末ごとに設定が可能なため、お子様が使用する端末以外は制限をかけずにインターネットを利用する設定などカスタマイズができます。

  • 身代金要求型ウィルス「ランサムウェア」を「AiProtection」で対策Open or Close

    それでは、ランサムウェアについてより簡単にその脅威を理解できるよう図や実際の画像を取り入れながら説明しましょう。

  • 「AiProtection」ってどういう仕組みなの?図式説明にて一目瞭然Open or Close
  • ファームウェア アップデートで新機能を追加できる!Open or Close

            ▼ファームウェアアップデート方法(自動)

            ●RT-AC85U 製品サポートページ
            https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AC85U/HelpDesk/

            ●RT-AC65U 製品サポートページ
            https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AC65U/HelpDesk/

            ▼ファームウェアアップデート方法(手動)

          ※AiProtectionの各機能の概要につきましては本ページ【AiProtection」ってどういう仕組みなの?図式説明にて一目瞭然】
          ご参照ください。

            ▼インストール不要のWi-Fiルーター搭載型セキュリティ機能「AiProtection」

  • 多数の便利な機能を搭載する、ASUSのWi-FiルーターOpen or Close
    通信トラフィックを管理!Adaptive QoS

    インターネット上から入手するデータは用途やシステムの種類によって様々な特性があり、求められる品質も異なります。
    ユーザーはAdaptive QoSを使うことで、あらかじめ優先したい通信のタスクを設定することができ、ストレスなく通信することができます。たとえばゲームに関連するデータの通信優先度を高める設定にしておけば、ネットワークゲームで楽しんでいるときに同時に家族がインターネット経由で動画を見ていたとしても、ゲームへの影響を最小限に抑えることができます。

    また優先順位についても細かくカスタマイズも可能なので、自分の好みに合わせて設定が可能です。


    ※ドラッグ&ドロップで簡単に優先順位の変更ができます。

    それ以外にも、接続された端末ごとに帯域の制限を設定可能で、速度が必要ない機器への無駄なトラフィックを減らし、全体の回線速度や安定性の向上が見込めます。


            ▼通信トラフィックを優先管理!Adaptive QoS

            ▼通信トラフィックを優先管理!Traditional QoS

            QoS設定することによって、特定の通信を優先して転送することや通信帯域を確保をすることができます。
            Traditional QoSではネットワーク環境に応じたユーザー定義のパラメーターを設定することができます。

    急な来客でも安心。素早く提供できるゲストネットワーク機能

    急な来客があった際に、アプリで簡単に通常のネットワークとは異なるゲスト向けのワイヤレスネットワークを提供することができます。

            ▼急な来客でも安心。素早く提供できるゲストネットワーク機能

    外出先からデータにいつでもアクセス「AiCloud」

    自宅にあるデータを外出先でも見たい。そんなときに便利なのがAiCloudです。
    例えば家に保存してある前日に録画した動画を、移動中にスマートフォンで見ることだってできます。
    また、自分での閲覧だけなく、友人との共有もできるなど、ファイルサーバーとしても運用することができます。

高い通信性能と様々な機能をもつASUSWi-Fiルーター
ASUSWi-Fiルーターはクイックセットアップガイドを始め、設定方法がわかりやすく、スマートフォンのアプリからも設定が可能など、ユーザーに対する配慮がされているため、機器の設定に慣れていない方でも安心です。
また、通信の安定性も高いため、電波の通りにくいとされる鉄筋コンクリートのマンションでも安定した通信環境を提供することができるなど性能についても非常に優秀といえます。

簡単便利で信頼性の高いことに加え、様々な機能を搭載するASUSのWi-Fiルーターは、快適なWi-Fi環境を構築するだけでなく、あなたの生活をより豊かで安全なものにすることができるに違いありません。
PageTop